水回りのリフォーム

水回りコーティングをする場合には、その業者選びが大事になります。何故なら、水回りコーティングをしてそこでお終いというわけではなく、定期的に水回りコーティングをする必要がありますし、その場合は同じ業者を選ぶ可能性があります。それのみならずアフターフォローが手厚い業者も多いのですので、施工後の付き合いも出てくると思います。そこで業者についても知っておく必要があります。水回りコーティングをする場合、多くはリフォーム会社か工務店を通して施工しているはずです。リフォーム会社と工務店の明確な違いは無いですが、リフォームを中心に行っているのがリフォーム会社で、注文住宅の建築を主に行っているのが工務店です。ただし、工務店もリフォームを行うことがあるため、やはり明確に分けるのは難しいのです。

リフォーム会社にしても工務店にしても、どちらも水回りコーティングの施工は行わないことが多いです。実際には水回りコーティング専門で行っている業者が下請け業者として施工しているのです。入口はリフォーム会社や工務店ですが、出口はコーティングの専門会社なのです。そのように考えると、はじめから水回りコーティング専門業者に依頼をしてもいいかもしれません。リフォーム会社や工務店と水回りコーティング専門業者は上下の関係にあります。下請けという言葉の通り、専門業者は下に来るのです。下請け業者は割と安い賃金で下請けをしているため、専門業者と言えども質の悪い業者がいるのも事実です。その業者選びも重要になってきます。